「信仰の方法」ビル・ジョンソン





The Way Of Faith - Bill Johnson

同時通訳:相馬伸子



2コリント3:15〜18、4:4、4:13 



信仰ということは、信者にとって当たり前になるはずです。信者ですから、信じる者たちですね、そして、信者の中に聖霊様がおられるなら、信仰を持つことは、私達の性質となっているのです。

信仰という言葉には、自力で何かを起こすとか、頑張って得ることなどのイメージがついてしまっているかもしれませんが、実際はそうではなく信仰は「神の言葉と御人格」に確信を持ち、信頼することです。



信仰がなければ、神を喜ばせることができません、そして、100人隊長や、フェニキア人の女の信仰はイエス様を驚かせたものでした。私達のする事が、神様を喜ばせるとは、なんと素晴らしい事でしょう。



2コリントの3章15節から18節の話をします。興味深いことは、覆いが取れてから主に人が向くのではなく、人が主に向くなら、多い派取り除けられるのです。思いが「覆われているのです」とありますが、主が求めているのは「頭で理解する」者ではなく、「委ねる心」を持つ者なのです。信じることによって、見えるようになるのです。



17節では「主は御霊です」とありますが、これは聖霊様が「主」であるということです。主の御霊のある所には自由がある、ということはただ、主の臨在がその場所にあるだけでなく、聖霊様が「主」として動かれることができる。思いが主に委ねられ、捧げられることによって主として、聖霊様が治めることで、自由が証拠としてそこにあるのです。



4章の13節では「私は信じた、それゆえに語った」とありますが、これはパウロが旧約聖書を引用していますが、これが神の言葉を信頼して、歩む信仰です。以前も話しましたが、大胆な信仰は、静かな信頼の上に建てられるものです。



日本語動画:https://youtu.be/oEzX7jRO8j0

英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4488/the-way-of-faith-sunday-am/2017/01/29

英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/the-way-of-faith


4月のワーシップダンス・ワークショップ April Worship Dance Workshop


沖縄、神戸で行われたホームカミングギャザリングから始まり、主にあって解放された賛美ダンサ ーたちは、引き続き主の御顔を慕い求め、日本において父なる神の栄光が現されることを願っています。

2016年より、Davids Of The Tabernacleは、とりなしの祈り手たちと共に、癒しと解放、そして預言的賛美を創り出していくダンスのワークショップを行っています。

次回のワークショップのお知らせは以下です。

以前に参加された方はもちろん、ダンスの経験はないけれど、神の前で踊りをもって礼拝、賛美したい方、ダンスの経験はあるけれど、どのように神の前で踊ってよいかわからない方、ぜひ主に導かれた方はご参加ください。対象者は14歳以上の女性です。(託児はございませんので、ご了承願います)

<日時とスケジュール>
2017年4月23日(日)14:00〜17:00
セッション1 (動きのセッション50分)
休憩 
セッション2 (解放と一致のセッション50分)
休憩
セッション3 (創造のセッション60分)

<必要なもの>
☆動きやすい服装、上履き用ランニングシューズ、飲みもの、タオルをお持ち下さい。

<場所>
芦屋市 木口記念館 1階多目的ホール
http://kiguchi.or.jp/kaikanjigyou/kaikan_access/
〒659-0051芦屋市呉川町14-10

JR芦屋駅「南出口」より徒歩16分
阪神芦屋駅「南出口」より徒歩14分
無料の駐車場が有りますが、満車の場合はお近くの駐車場をご利用願います。

☆レッスン代はドネーション(献金)となります。

<主催>
Davids Of The Tabernacle 代表 兵庫江美
(予約&お問合せ)
emihyogo@yahoo.co.jp

______________________________________________

Worship Dance Workshop - Sunday April 23th
Ever since the Homecoming Gatherings in Okinawa and Kobe more and more people are being released in dance to worship and release the glory of God.
Last year Emi Hyogo felt led to begin a dance ministry, Davids of the Tabernacle, to gather together to share from her own experience and the grace of God the blessing of dance through regular workshops all over Japan.

You do not have to be experienced in dance, but just open to dancing and worshipping before the Lord in freedom. The workshop is open to anyone 14 years or older;

Date and Time
April 23, 2017 - (Sunday)

Session 1 - 1:00pm ~ 1:50pm - Movement
Break
Session 2 - 2:00pm ~ 2:50pm - Freedom and Unity
Break
Session 3 - 3:00pm ~ 4:00pm - Creation

Donations accepted for the Lesson fee.

What you Need:
Please wear easy-to-move clothing, indoor shoes (sports shoes for use indoors only etc.), a drink and a towel.

Location
Ashiya City Kiguchi Memorial Hall, 1st Floor Multipurpose Hall
Http://kiguchi.or.jp/kaikanjigyou/kaikan_access/
14-10 Kure Kawamachi Ashiya City 659-0051

16 minutes on foot from JR Ashiya station "South exit"
14 minutes on foot from Hanshin Ashiya Station "South exit
There is a free parking lot, but please use the nearby parking lot if it's full.

Registration
Emi Hyogo - “Davids Of The Tabernacle”
emihyogo@yahoo.co.jp

Onfire Live!「決して失望することはない!」ショートメッセージ&賛美



1ペテロ 2:4
「主のもとに来なさい。主は、人には捨てられたが、神の目には、選ばれた、尊い、生ける石です。あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい。そして、聖なる祭司として、イエス・キリストを通して、神に喜ばれる霊のいけにえをささげなさい。
なぜなら、聖書にこうあるからです:『見よ。わたしはシオンに、選ばれた石、尊い礎石を置く。彼に信頼する者は、決して失望させられることがない。』」
1 Peter 2:4
As you come to him, the living Stone-- rejected by men but chosen by God and precious to him-- you also, like living stones, are being built into a spiritual house to be a holy priesthood, offering spiritual sacrifices acceptable to God through Jesus Christ.
For in Scripture it says: “See, I lay a stone in Zion, a chosen and precious cornerstone, and the one who trusts in him will never be put to shame.”

「いしずえ、キリスト」Cornerstone

Verse 1
私の希望はイエスの血にある
全てをかけて主の御名を信じる

Chorus
いしずえ、キリスト 弱きを 強める
その愛、イエスこそ わが主

Verse 2
やみがおおうとも 変わらないめぐみ
あらしの中でも いかりをおろして
主イエスにとどまる

Verse 3
主はまたこられ 私を見つける
主の義をまとい み前にのぞむ

CORNERSTONE
Watashi no kibo wa Shu Iesu no chi ni aru
Subete wo kakete Shu no mina o shinjiru

Ishizue Kirisuto Yowaki o tsuyomeru
sono ai, Iesu koso waga Shu

yami ga ootomo kawaranai megumi
arashi no naka demo ikari o oroshite
Shu Iesu ni todomaru

Shu wa mata korare watashi o mitsukeru
Shu no gi o matoi mi mae ni nozomu

「我が神、我が主よ」
あなたは我が盾 我が歌、我が砦
平和の君、力の神 永久の父
我が神、我が主よ
我が神、我が主よ

Anata wa waga tate waga uta, waga toride
Heiwa no Kimi, Chikara no Kami Towa no Chichi
Waga Kami, waga Shu yo
Waga kami, waga Shu yo

詩篇 46
1 神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。
2 それゆえ、われらは恐れない。たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。
7 万軍の【主】はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらのとりでである。セラ
10 「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」
Psalm 46
1 God is our refuge and strength, an ever-present help in trouble.
2 Therefore we will not fear, though the earth give way and the mountains fall into the heart of the sea,
7 The LORD Almighty is with us; the God of Jacob is our fortress.
10 “Be still, and know that I am God; I will be exalted among the nations, I will be exalted in the earth.”

詩篇46(歌)
神はわれらの避け所、また力
苦しむとき、そこにある助け
われらは恐れない。地は変わり山々が
海のまなかに移ろうとも

万軍の主は われらとともにおられる、ヤコブの神は
万軍の主は わたしたちのとりで、ヤコブの神は

「静まれ。わたしこそ神であることを知れ」

Psalm 46
Kami wa warera no sake dokoro mata chikara
kurushimu toki soko ni aru tasuke
Warera wa osorenai chi wa kawari yamayama ga
umi no manaka ni ustsuroo tomo

Bangun no Shu wa, warera to tomoni orareru.
Yakobu no kami wa
Bangun no Shu wa, watashi tachi no
Toride. Yakobu no kami wa

Shizumare watashi koso Kami de aru koto o shire

2017年4月 ベテルチーム大分のスケジュール 2017 April Bethel Team - OITA Schedule

Sat, Apr 8, 2017 2017年4月8日(土)
7:30pm リーダー会 Leaders’ Meeting
大分カルバリチャーチ(Oita Calvary Church)
Address: 大分市岩田町4-1-30
Phone: 097-569-5163

Sun, Apr 9, 2017 2017年4月9日(日)

10:30AM 礼拝 Worship Service
キリストの福音大分教会(Oita Christ Gospel Church)
Address: 大分市日岡2丁目3−15
Phone: 097-551-1366

14:00PM 礼拝 Worship Service
大分カルバリチャーチ(Oita Calvary Church)
Address: 大分市岩田町4-1-30
Phone: 097-569-5163

「彼らに何か食べるものを与えなさい」エリック・ジョンソン





Give Them Something To Eat - Eric Johnson JAPANESE



同時通訳:相馬伸子



マルコ6章から、イエス様がどのように弟子たちを訓練して、準備したかを少し見ていきます。

31〜には、休息を弟子たちと一緒にしようと思って船で弟子たちとイエス様が移動しました。

なぜ、群衆が彼らの行く場所を知っていたのかは、不思議ですが、ともかく群衆は先回りして、待っていたとあります。



私は「境界線」を大事にします。そして休息には「静けさ」「自分だけ」が必要と感じます。

今まで自分がミニストリーをしていた人々と一緒には休暇にはいきたくありません。

弟子たちが、この状況に直面したときに、反応したかは、記述がないので、想像ですが、きっとペテロは面白いことを言ってしまったのではないかと、そしてヨハネはイエス様に抱きついて「こんなことは〜」と泣き出したかもしれません。



でも、イエス様の応答は「彼らは羊飼いのいない羊のようです」と憐れまれたのです。

イエス様は 憐れみ そのものであって完全です。



私の友人の言葉の引用をしますがーもし人々があなたがプロジェクトをしている事の重荷や妨げと感じるなら あなたは人々を 対象物としてみているー私たちの召し、使命、プルジェクトは大事ですが、私達は「人々」を忘れてはいけないのです。



弟子達は群衆を見た時「彼らを解散させて、近くの村で食事を買うようにさせてください」とイエスに言いました、それは、弟子たちが自分達の能力や資源から見て考えたからです。そして、それは神様の与えた「自分の能力の限界に立たせる」ことでした。



イエスは「あなた方が、彼らに何か食べるものをあげなさい」と弟子たちに言いました。

それは「神様の能力により頼ませ、立たせる」事を実践させる為でした。



私にとってこのようなことは「日曜日の夜中」に起こるのです。朝の5時には起床し、礼拝の奉仕をして、夜の10時ごろに教会から帰宅しようとすると誰かが、自分を見つけて、問題を話し、困難さを分かち合い、自分は無力化さ、疲れに打ちのめされますが、それは「自分の力ではできない、自分の能力の限界」に立たされ、神の能力により頼み人に触れる時なのです。

神様はそのような状況を持ってきます。



英語動画(要登録):http://www.bethel.tv/watch/4471/sunday-morning/2017/01/22

英語音声:http://podcasts.ibethel.org/en/podcasts/give-them-something-to-eat


2017年4月 ベテルチーム沖縄のスケジュール 2017 April Bethel Team - OKINAWA Schedule

Location and overseers 場所、全体のまとめ:

Yomitan International Church

289 Iramina
Yomitan 904-0303

098-956-3697

読谷インターナショナルチャーチ
所在地: 沖縄県中頭郡読谷村伊良皆289
電話: 098-956-3697
担当者:フレンチ(Hidenori French)090-9787-6807

ACCESS: http://www.yicasia.org/how-to-find-us
MAP: https://goo.gl/maps/zQhBzdSQbDp

Sat, Apr 1, 2017 2017年4月1日(土)
10:00am ~ 12:00pm Outreach アウトリーチ
1:00pm ~ 4:00pm Outreach アウトリーチ
アウトリーチに参加したい方は、事前にフレンチさんへ連絡してください。
If you want to join for the outreach, please contact Hidenori French by phone, above.

Sun, Apr 2, 2017 2017年4月2日(日)

10:00am ~ 1:00pm 集会 Church Service
5pm - ??? 集会 Church Service

Mon, Apr 3, 2017 2017年4月3日(月)
10:00am ~ 12:00pm Outreach アウトリーチ
1:00pm ~ 4:00pm Outreach アウトリーチ
アウトリーチに参加したい方は、事前にフレンチさんへ連絡してください。
If you want to join for the outreach, please contact Hidenori French by phone, above.

Tue, Apr 4, 2017 2017年4月4日(火)
10:00am ~ 12:00pm Outreach アウトリーチ
1:00pm ~ 4:00pm Outreach アウトリーチ
6:00pm ~ 8:00pm Outreach アウトリーチ
アウトリーチに参加したい方は、事前にフレンチさんへ連絡してください。
If you want to join for the outreach, please contact Hidenori French by phone, above.

Wed, Apr 5, 2017 2017年4月5日(水)
10:00am ~ 12:00pm Outreach アウトリーチ
1:00pm ~ 4:00pm Outreach アウトリーチ
アウトリーチに参加したい方は、事前にフレンチさんへ連絡してください。
If you want to join for the outreach, please contact Hidenori French by phone, above.

6:30pm ~ 9:00pm Meeting 集会

Thu, Apr 6, 2017 2017年4月6日(木)

Fri, Apr 7, 2017 2017年4月7日(金)
10:00am ~ 12:00pm Outreach アウトリーチ
1:00pm ~ 4:00pm Outreach アウトリーチ
6:00pm ~ 8:00pm Outreach アウトリーチ
アウトリーチに参加したい方は、事前にフレンチさんへ連絡してください。
If you want to join for the outreach, please contact Hidenori French by phone, above.

Sat, Apr 8, 2017 2017年4月8日(土)
10:00am ~ 12:00pm Outreach アウトリーチ
1:00pm ~ 4:00pm Outreach アウトリーチ
6:00pm ~ 8:00pm Outreach アウトリーチ
アウトリーチに参加したい方は、事前にフレンチさんへ連絡してください。
If you want to join for the outreach, please contact Hidenori French by phone, above.

Sun, Apr 9, 2017 2017年4月9日(日)

10:00am ~ 1:00pm 集会 Church Service
5pm - ??? 集会 Church Service

2017年4月 ベテルチーム東京のスケジュール 2017 April Bethel Team - TOKYO Schedule

Sat, Apr 1, 2017 2017年4月1日(土)

Sun, Apr 2, 2017 2017年4月2日(日)
2:30pm PAZ 教会
https://m.facebook.com/pazchurch/

Mon, Apr 3, 2017 2017年4月3日(月)

Tue, Apr 4, 2017 2017年4月4日(火)
Living Room - YWAM Tokyo Worship リビングルーム(YWAM 主催)7pm to 9pm
ICA Church (Hongo San-Chome station) ICA教会2F(本郷三丁目駅より徒歩8分)
DETAILS: http://ywamtokyo.org/living-room/ACCESS: https://goo.gl/maps/ZMYmF

Wed, Apr 5, 2017 2017年4月5日(水)

Thu, Apr 6, 2017 2017年4月6日(木)

Fri, Apr 7, 2017 2017年4月7日(金)

Sat, Apr 8, 2017 2017年4月8日(土)
ニュータウンカルバリーフェロ―シップ Newtown Calvary Church, YOKOHAMA2時〜
〒224-0065神奈川県横浜市都筑区高山1-47 1F
CONTACT: http://www.ncf-yokohama.org/
ACCESS: https://goo.gl/maps/TqcnG5Yh4Xk
Sun, Apr 9, 2017 2017年4月9日(日)

2017年4月 ベテルチーム関西のスケジュール 2017 April Bethel Team - OSAKA KANSAI Schedule

Fri, Mar 31, 2017 2017年3月31日(金)
HARVEST MEETING ハーベストミーティング
賛美、ミニストリー
TIME: 7pm~9pm
PLACE: 勤労青少年ホーム(勤労会館の隣):体育室(5階)
Seishonen Home (Next to Kinro Kaikan) - 5F Gym room
ACCESS: https://goo.gl/maps/rENfP5f3kno
Sat, Apr 1, 2017 2017年4月1日(土)

Sun, Apr 2, 2017 2017年4月2日(日)
New Hope Church Osaka 大阪ニューホープ教会、日曜礼拝
TIME: 2:00~
PLACE: 心斎橋、長堀橋駅の周辺、Near Shinsaibashi/ Nagahoribashi https://goo.gl/maps/bsS1NLoALsN2
ACCESS: http://newhopeosaka.org/
Mon, Apr 3, 2017 2017年4月3日(月)


Tue, Apr 4, 2017 2017年4月4日(火)
Family Day in IKOMA (with potluck) 生駒のファミリーディー(持ち寄り食事会も)TIME: 3pm~9pm
SCHEDULE:
3:00pm Gather 集合
3:30pm Worship together 合同賛美
4:00pm Kids’ program キッズプログラム(小学生対象)
Adults fellowship, sharing 大人の交わりなど
5:30pm Potluck DINNER 持ち寄り食事
7:00pm Worship together - sharing and ministry 賛美、シェアリング&ミニトリー
Kids’ room available 子供の部屋も用意します。
8:30pm Finish 終了
PLACE: Kansai Bible Institute, LOGOS room -関西聖書学院、ロゴス部屋
ACCESS: http://www.kbiwave.com/contact/access https://goo.gl/maps/3gabNBBydF62

Wed, Apr 5, 2017 2017年4月5日(水)
Open Meeting 集会TIME: 7:30pm
PLACE: Nishinomiya Fukuin Church - 西宮福音教会 https://goo.gl/maps/RiQ5go23GE62
ACCESS: http://www.h5.dion.ne.jp/~jecnechp/access2.htm#
Thu, Apr 6, 2017 2017年4月6日(木)

Fri, Apr 7, 2017 2017年4月7日(金)
HARVEST MEETING ハーベストミーティング
賛美、ミニストリー
TIME: 7pm~9pm
PLACE: 勤労青少年ホーム(勤労会館の隣):体育室(5階)
Seishonen Home (Next to Kinro Kaikan) - 5F Gym room
ACCESS: https://goo.gl/maps/rENfP5f3kno
Sat, Apr 8, 2017 2017年4月8日(土)

Sun, Apr 9, 2017 2017年4月9日(日)
アガペー三田キリスト教会の集会 Agape Sanda Christian Church三田駅・新三田駅からお車で 7分ぐらいです。(駐車場あります。)https://goo.gl/maps/qW5gmgbLsrN2
〒669-1514三田市川除386-3 TEL&FAX   079-559-7446
11:00~
2:00~
ACCESS: https://www.ag-sanda.com/informationchurch

2017年4月 ベテルチーム北海道のスケジュール 2017 April Bethel Team - HOKKAIDO Schedule

Sat, Apr 1, 2017 2017年4月1日(土)

Sun, Apr 2, 2017 2017年4月2日(日)
TIME: 3:00pm
MEETING: Worship Service
PLACE: Otaru Bethel Church
小樽ベテルキリスト教会
〒047-0005 北海道小樽市勝納町2−6 ベテルキリスト教会
Tel. 0134-23-3098
Mon, Apr 3, 2017 2017年4月3日(月)


Tue, Apr 4, 2017 2017年4月4日(火)


Wed, Apr 5, 2017 2017年4月5日(水)
PRAYER MEETING 祈祷会
TIME: 7:00pm
PLACE: Sapporo Christian Group
札幌市豊平区平岸6条10丁目
豊平区民センター1階「いこい」
http://www.christiangroup.com/ 
ACCESS: アクセス:http://goo.gl/maps/EJ02C
Thu, Apr 6, 2017 2017年4月6日(木)


Fri, Apr 7, 2017 2017年4月7日(金)
Prayer Meeting - Prophecy
TIME: 8:00 pm
PLACE: ICF
ACCESS アクセス:http://www.icfire.com/
Sat, Apr 8, 2017 2017年4月8日(土)

Sun, Apr 9, 2017 2017年4月9日(日)
Worship Service 礼拝集会
TIME: 11:00 am
PLACE: Good Hour Church
LINKS: http://www.goodhourch.com/

ディスカバリー・バイブル:聖書の学びと神様の御声を聞くツール





Discovery Bible Training - Japanese



最近、教会の3つの柱について話しています。御言葉、聖霊様、そして神にある家族、共同体。



今日は、この三つの柱に支えられた集まり、エクレシアにおいて是非、実践していただきたい、御言葉の探求、聖書の読み方のツールを一つ紹介します。



ディスカバリー・バイブルという方法です。

日本語では、聖書の発見と言えるでしょうか?

今後DBと呼ぶことにしますね。



私たちも、この方法でもう、何年も小さな集まりの中で、また、個人でも、御言葉を読んでいます。



***キーポイント:聖書の勉強ではありません!***



ここでは、「聖書を勉強する」のではなくて、柱の一つである、御言葉、聖書の言葉を、聖霊様の声に耳を傾け、促しに応答しながら、家族、また、共同体のメンバーと支え合って、受けとった啓示を実践し、御言葉を読むだけでなく、行うものとなるよう、祈り合います。

神様の声を聞きたい、聖書を読んで、神様をもっと知りたい、と思う人なら誰とでも使えるつーるです



私たちの集まりでは、未信者の方も、この方法で聖書を読み、主に多くを語られています。



この方法を用いて、一人でデボーションの時を持つこともできますが、2、3人のグループで共に聖霊に耳を傾け、互いの啓示をシェアしあい、励ましあうことも勧めています。



5人以上になると、一回の分かち合いに時間がかかってしまうので、4人ぐらいまでが一番だと思います。



方法は簡単です。今日は簡単なビデオを作成しました。ぜひ、参考にして見てください。



一回の集まりで、3、4人であれば、1時間もあれば、十分です。



集まって、一緒にできれば一番いいのですが、遠く離れている人とも、最近はスカイプやフェイスタイムを用いて、ビデオでいっしょいDBをしています。



***キーポイント:どこでもできます。スカイプなどででもできます。***



場所はどこでもできます。おうちでも、カフェでも、学校でも、職場でも。まずはゆっくり、リラックスできる環境を整えましょう。



まずは、その日のリードをする人が、聖書の一緒に読みたい箇所を選んで来ます。数節、ひとくくりのまとまりで、選ぶと良いでしょう。



今日はローマ書の12章1節から2節を選びました。



DBは三つのステップからなっています。



ステップ 1: みことばを読む

ステップ 2: 解釈を受け取る

ステップ 3: 応答と適応



まず一つ目のステップは、御言葉を読むことです。



ステップ 1: みことばを読む



・音読、違う訳など



誰かが音読します。違う訳の聖書を持っている人がいれば、なるべく、いろいろな訳を読んでみることをお勧めします。

違う言語(英語など)が、わかる人がいれば、その人にも、言語で書かれている内容を説明してもらいましょう。



・ノートに書き写す



次に、今、読んだ箇所を、そのまま、ノートに書き写します。人間は、情報を取り入れる際、なるべく沢山の感覚を使えば使うほど、受容能力が上がるそうです。なので、読むだけでなく、聞いて、次に、書いてみます。

漢字を書き写している間に、ふと、奥義が見え隠れしたりすることもありますよ。



・意味、背景など



そして、質問や、何が書いてあるか、わからないことがあれば、話し合いましょう。



***キーポイント:教えること、説教することをやめましょう。***



ここで、注意したいのは、DBでは、決して、誰か一人が聖書の解釈を教えることをしない点です。



新しいクリスチャン、また、まだ、信者になっていない人でも、心を開いて聖霊により頼むなら、必ず、神様が語っておられることを受け取れるということを実体験していただきたいからです。ただ、聖書に対する知識が全くない方など、歴史的背景やユダヤ教のしきたりなどを、必要に応じて、知っている人が簡単にシェアするのは、お勧めです。

「これは、同時のユダヤ人に対して書かれた手紙ですよ。」

「ここで言っている『彼』というのは、イエス様を表しますよ。」と言った感じです。



信仰生活の長いベテランのクリスチャンの皆さん。決して、ここで、説教を始めないでくださいね。



・自分の言葉で、要約、意訳を作ります



次に、今、噛み砕いて一緒に読んだ御言葉を、誰かに、簡単に、自分の言葉で要約してもらいます。



「ここには、これこれ、、、こういうことが書いてありました。」という感じです。



大体、内容が掴めたら、ここで、ノートに線を引きます。ここで、一つ目のステップが終わりです。



ステップ 2: 解釈を受け取る



二つ目のステップに移ります。

ここからは、今読んだ御言葉の解釈を受け取るステップです。



・祈って、聞く



聖霊様が働いてくださり、今日受け取るべき啓示を、心開いて、受け取ることができるよう、お祈りして、期待して初めてください。

黙って、静かに目をつぶり、主の語りかけに耳を傾けてください。

全ての感覚を研ぎ澄まし、聖霊様にチューニングを合わせてください。

絵が見えるかもしれません。何か、特別な言葉、印象がふと思い浮かぶかもしれません。

体に何か、感覚があるかもしれません。

他の聖書の箇所を読むように促されることもあります。

全体から何か大きなテーマで語られることもあれば、ある一言から、主が特別にあることを語られることもあります。

心開いて受け取りましょう。



・ノートを取る



語られたことを、二つ目の欄に、書いていきます。

そして、全員が、聴き終わったら、

受け取った内容を、一人ずつシェアしていきます。



・シェアする



同じ箇所でも、全く違うことを主が語られることがあります。また、同じ箇所でも、焦点を当てる場所が、人によって全く違うこともあります。それぞれが受け取った啓示を、シェアする中で、自分では気づかなかった内容が、他の人を通して語られることもあります。

共同体の中で御言葉を食べあう醍醐味です。それらを、シェアし、書き終わったら、

また、線を引きます。



ステップ 3: 応答と適応



三つ目のステップは、今、受け取った啓示に対して、どのように応答し人生に応用していくか、それを聞いていくステップです。



・主に聞く



また、目をつぶり、いま、受け取った啓示について、どのように応答し、どのように、御言葉を聞くだけでなく、行うものになれるか、主に聞いていきましょう。



自分の思いで、「せねばならない」と言って、課題を課しても、長続きしません。



「主は何を語られていますか?」

実際に、行動に移せる内容を聞いていきましょう。本当に、従ったかどうか、後から測れるような、具体的な方法を聞いてみましょう。



・測れる、具体的な決断



例えば、「もっと、主に従う」というような内容では、実際に何をどうすればいいか、また、本当にそうなったかどうか測るのが難しいですよね。



でも主にどのように従うか聞いていく中で、「毎晩寝る前の10分を、聖書を読む時間にしよう。」とか、

「子供を幼稚園に送っていく車の中で、今週は、あの賛美集のCDをかけて、子供と一緒に賛美しよう。」というのであれば、実際に、従えたかどうかが、よくわかりますね。

具体的に従える方法を主に聞いて、決めましょう。



・ノートを取り、シェアする



それを書き込み、それぞれシェアします。シェアした後、お互いが、本当に従えるように、それぞれのために祈り合いましょう。

辛い過去のある人が、「ある人を赦す」ことに、導かれるかもしれません。



一人では簡単にはできないことも、互いに、心を割って痛みをシェアしあい、重荷を負い合うことは、エクレシアの大切な一部です。



必要なら、週の間に、それぞれで連絡を取り合い、本当に従えるよう、励ましあうこともできますね。



・誰か他の人にシェア



最後に、今日、学んだ内容を、できれば、誰か一人にシェアする相手を選びます。



これも、主に聞いてみましょう。せっかく受け取った恵みを、ご主人にでも、会社の同僚にでも、簡単にシェアするよう促しがあれば、従いましょう。



以上が、DB、ディスカバリー・バイブルというツールの簡単な説明です。



では、皆さんでも、ぜひ、実践してみてください。



質問やコメントがあれば、遠慮せず:mail@onfire.jp



概要:

キーポイント:

* 聖書の勉強ではありません。

* 一回の集まりで、2〜4人であれば、1時間もあれば、十分です。

* どこでも、スカイプなどでもできます。

* 教えること、説教することをやめましょう。



ステップ 1: みことばを読む

* 音読、違う訳など

* ノートに書き写す

* 意味、背景など

* 意訳を作る



ステップ 2: 解釈を受け取る

* 祈って、聞く

* ノートを取る

* シェアする



ステップ 3: 応答と適応

* 主に聞く

* 測れる、具体的な決断

* ノートを取り、シェアする

* 誰か他の人にシェア